シェフのメニューコラム

ありたどりのレバーペースト、プチベール Dininghack

2017/11/27

 

山間部で野菜を作る「幸松」さんからお話を伺いました。
平野部よりも手間がかかる分、より価値のある野菜を育てる必要がある、とのことでした。
プチベールを一枚ずつ時間をかけて低温乾燥させ、甘みと香りを凝縮させました。それを酸味を効かせた「ありたどり」のレバーペーストの周りにまとわせました。

清酒宗政 純米吟醸−15 生酒という、かなり甘口のお酒を合わせました。レバーの風味とプチベールの香りとのマリアージュを。

 

 

Infomation

Facebook

Access

筑肥線波多江駅より 車で6分 徒歩30分